【SPASHAN】スパシャン2019S+アイアンバスター3+クレイタオル2018 セット購入でNOVITECオリジナルマグカップと超大漁ステッカーを無料プレゼント!!
5d380c068e6919611365835d 5d380c068e6919611365835d 5d380c068e6919611365835d

【SPASHAN】スパシャン2019S+アイアンバスター3+クレイタオル2018 セット購入でNOVITECオリジナルマグカップと超大漁ステッカーを無料プレゼント!!

¥14,320 税込

送料についてはこちら

SPASHAN2019Sとコーティング前の下地処理セットが登場!! 【SPASHAN2019Sについて】 数多くのスパシャンユーザー様から大人気のSPASHAN 2019。 そして、そのSPASHAN2019がついにマイナーチェンジ!!『SPASHAN2019S』が登場。 従来のSPASHAN2019に多くの時間と度重ねる研究を費やし、『コーティングの硬化時間を早める』ことに成功。 SPASHAN2019からの大きな変化は「ただそれだけ」。 ですが、「ただそれだけ」がもたらす効果は絶大で、コーティングが硬化する時間が早まることで、施工後の効果もコーティング施工直後からすぐに体感でき、さらにボディーに残るコーティング層も分厚くなる為、さらなる光沢感と肌触りを発揮します。 親水や疎水、撥水などの様々なコーティングの種類がある中で、とことん「疎水」にこだわり続けてきたスパシャンですが、疎水の限界を超え、ボディーが水を拒否する「拒水性」という新ジャンルに達しました。 施工の度にどんどん車が水を拒否する様に変化していく.... 「Dry Body Technology」 この『SPASHAN2019S』もまた、拒水性コーティングの種類に分類されます。 この拒水性は、水滴がボディに比較的残りにくい為、コーティングのシミや水垢後にもなりにくく、コーティング後のメンテナンスが非常に楽になります。 スパシャンが持つコンセプトはそのままに、撥水(疎水)性能、光沢、肌ざわりを別格の物へと進化させました。 長期間耐久のハードコーティングと違いSPASHAN2019Sのようなコーティングはソフトコーティングという分類になります。 ハードコーティングはコーティング自体の耐久期間は数年の耐久性がありますが、撥水(疎水)性、光沢感、肌ざわりなどがあまり良くないうえ、時間の経過と共にどんどん効果が弱まってしまうという欠点がありました。 一方、ソフトコーティングはハードコーティング程の耐久期間はないものの、撥水性、光沢感、肌ざわり等を格段に向上させる事が出来ます。 またスパシャンは通常の洗車として使用が出来るので、洗車の度にコーティング効果が向上していくという最大のメリットがあります。 ハードコーディングでも当然ながら、洗車やメンテナンスが必須になり、それらを含めた耐久期間だと考えると、洗車の度にコーティング性能が向上していくスパシャンはコーティングの欠点を無くした製品と言えます。 耐久期間が短いとは言ってもスパシャンの保護被膜耐久期間は約半年であり、施工を繰り返す度により強靭な被膜と変化していきます。 被膜が厚く変化していくことにより保護性能はもちろん、撥水性、光沢、肌ざわりを格段に向上していきます。 これこそがスパシャンをお使いのユーザー様が継続してご使用頂いている最大の理由です。 【アイアンバスター3について】 頑固に突き刺さった塗装面の鉄粉や、ホイールのブレーキダストを簡単に除去できる商品です。スプレーして鉄粉が溶け出すのを待つだけなので、ボディにキズをつけずに誰でも簡単に鉄粉の除去が可能です。(※クレイタオル2018と併用することで、より頑固な鉄粉を除去可能です。) アイアンバスター3は、Dr.ケアコレシリーズの中でも一番の人気を誇り、従来のアイアンバスターに比べ、粘度もさらにアップした事で液剤が垂れにくく、その場に留まるので効率的に鉄粉を溶解していきます。さらに水切れが良くなっているので、水洗不足によるシミなどのリスクが低減されました。 クレイタオルを使用する場合は、アイアンバスター3を併用して頂く事で、クレイタオルの滑りが良くなり、ボディーへの攻撃性を低減します。 基本的にはお水で2倍に希釈して使用しますが、頑固な鉄粉やクレイタオルを使用する場合は原液でも使用が非常にオススメです。 (原液での使用は希釈時に比べ、乾きやすくなりますので、乾かないようにご注意ください。) ~使用方法~ ①水洗い、またカーシャンなどでボディに付着した汚れやホコリを洗い流します。 ②アイアンバスター3を霧吹きスプレーなどの容器に入れ、原液と水道水で1:1の割合に希釈します。(鉄粉が頑固な場合は原液のみでも可能です。) ③ボディやホイールにたっぷり吹きかけて、鉄粉が反応するまで少し待ちます。 ④クレイタオル(※推奨)を併用する場合は、まずクレイタオルのクロス面でしっかりと泡立て、次に粘土面が表になるように四つ折りにして、軽く撫でるように施工してください。(詳しくはクレイタオル2018ページを参照して下さい) ⑤鉄粉の反応が無くなり、ボディがツルツルになった事を確かめたら、たっぷりの水でよく洗い流します。 【クレイタオル2018について】 ボディーに付着した鉄粉&虫等をこれ一枚で完全除去!!ナノ技術を導入したキメ細やかな粘土が頑固な鉄粉をゴッソリ取り除き、特殊素材の柔らかいクロスが鉄粉をキャッチすることにより、従来のクレイタオルよりも遥かに傷のリスクを低減しました。 従来のトラップ粘土は非常に固く、接地面も狭い為、ボディーに傷が入ってしまうリスクが問題視されていました。また、面積が狭いため普通車一台を鉄粉除去するのに、半日~1日の時間を要する程の大変な作業でした。 しかし、SPASHANが開発した「クレイタオル2018」はタオル地に粘土を特殊な工法で付着させ、クッション性を持たせる事で傷が入るリスクを徹底的に減少させることに成功。また、面積が広い為一度に広範囲の鉄粉除去が可能で、普通車であれば10分~20分程度と作業時間も大幅に短縮しました。 一般ユーザーの方々から、鈑金塗装業、コーティング業の方など、大変多くの支持を頂いております。独自のスパイラルメッシュ構造により、非常に軽くなったこといより、操作性が向上し、メッシュ構造の隙間に鉄粉が逃げていく為、更なる傷のリスク低減につながりました。 また、粘土にすき間が生まれる事により、非常に柔らかく、粘土が固くなり易い冷間時でも、一定の柔らかさを確保することが出来ました。 ~使用方法~ ①水洗い、またカーシャンなどでボディに付着した汚れやホコリを洗い流します。 ②冷間時は、クレイタオル本体をぬるま湯に浸けて粘土を柔らかくしてからの施工をオススメします。 ③クレイタオル2018を十分に(別売りのDr.ケアコレシリーズ)アイアンバスターでよく濡らします。 ④クロス生地の面を表にし、ボディを軽く撫でてよく泡立てます。 ⑤次に粘土面が表になるように四つ折りにして、鉄粉の気になる部分を、泡立てた泡で滑らすように撫でてください。 ⑥ボディーがツルツルな状態になれば鉄粉除去完了です。 ⑦乾かないうちにたっぷりの水で洗い流してください。